新型コロナウイルスに関して

現在、新型コロナウイルス(以下新型コロナ)の感染者は増加しており、国からは緊急事態宣言が4月7日に7都府県に出され、4月16日にはこれが全国に拡大されました。
国全体で、この感染症の終息に向け取り組んでいるとことです。しかし、現状は未だ感染者は増加し、感染経路が分からない患者様が多数を占めるようになっています。
 当院としても、国(厚生労働省)、東京都、日本医師会、日本感染症学会、日本環境感染学会等の指針等に基づき対応しております。

  • 密接、密閉、密集(3密)を避ける。
  • なるべく距離をとる。
  • 標準予防策をとる。

手洗い、手指消毒を行う。
 処置に応じて、マスク、ゴーグル、エプロン等使用する。

具体的には、
【職員に対して】

  • 全職員の体温チェック(朝)
  • 環境の清掃(使用した椅子、テーブル、CT・MRIのベッド等)
  • 換気
  • 手指消毒(石鹸、アルコール等)
  • マスク、手袋、エプロン、フェイスシールド等の使用
  • 出来る限り緊急性のない会議は中止する。開催する際は必要最低限の人数で、距離をとり、換気をよくして、短時間で行う。
  • 食堂の使用人数を振り分ける。対面の食事は避ける。

【来院される患者様に対して】

  • 入口の制限
  • 入口、受付での体温チェック
  • マスクの着用
  • 面会禁止
  • 発熱のある方は別の待機場所でお待ちいただく。
  • 受付に皆様との境界に透明フィルムを設置する。(飛沫対策)

等々行っております。

今後もこの難局を乗り越えるよう、職員一同、皆様と共に頑張っていく所存です。
しかし、構造上動線を分けることはできません。マスク、消毒薬等の不足、スペース、個室が少ない等、問題点も多く抱えております。
また、当院での新型コロナのPCR検査、治療はできないこともご了解ください。
ご迷惑等をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

2020年4月 一橋病院 院長