各項目に関する集計条件および集計方法は、厚生労働省の指示のもと行われております。
DPCデータを使用し、下記の項目を算出いたしました。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計対象

    • 平成28年4月~平成29年3月退院患者様であり、一般病棟に1回以上入院した患者様
    • 入院した後24時間以内に死亡した患者様又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
      (自賠責、労災、自費等の患者様を除く)
    • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外
    • 医科レセプトのみもしくは歯科レセプトありの患者様

※患者数10未満の場合は―(ハイフン)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 61 73 54 102 157 199 332 520 207

60歳以上の患者様が全体の74%、70歳以上の患者様が全体の62%を占めております。
地域の急性期病院として近年の少子高齢化に対応していく中で、高齢者の受け入れも積極的に行っております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア2 26 29.96 15.29 11.54 85.77
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 27.04 12.84 15.38 81.35
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 28.88 21.25 20 84.12
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 22.27 17.95 13.64 86.77
0400801499×012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり A-DROP スコア2 19 24.21 18.71 21.05 87.89

地域の急性期病院として近隣の養護施設・老人ホーム等からの搬送受け入れなども積極的に対応しております。
中でも肺炎・誤嚥性肺炎といった呼吸器症状が多くなっており、治療後に施設へ戻るといった事も多く転院率も同様に高くなっています。
また、透析センター設備も保有しており、透析適用の腎疾患等にも対応しております。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 28 3.04 4.48 0 67.25
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 14 9.29 7.89 0 64.14
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 12.18 9.08 9.09 74.36
060020xx99x7xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-7あり 11 2 8.11 0 84.73
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 13.77 - -

当院においては消化器領域が主となっており、消化器疾患(悪性腫瘍・腸閉塞等)や炎症性疾患(胃腸炎・虫垂炎等)といった急性疾患に対しての即時対応の他、進行癌に対しての定期的な化学療法といった集学的治療についても行っております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 134 36.38 27.63 41.04 83.98
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 51 14.12 20.57 7.84 79.98
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 45 19.47 23.61 20 83.29
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 26 5.19 5.49 0 63.42
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 その他の手術あり 副傷病なし 25 7.6 9.86 0 39.76

地域の高齢化が進む中で、加齢性変化(変形性股・膝関節症)や、高齢者に多くみられる転倒による大腿骨や四肢の骨折、脊椎の圧迫骨折といった症例の積極的な受け入れを行っており、手術または保存的加療のどちらにも対応しております。治療後他院にてリハビリ目的の転院が多くなるため、転院率もそれに伴い高くなっています。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 20 3.6 5.80 0 27.1
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 12 3.42 5.94 0 56.5
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 10 2.7 3.44 0 66.7
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1あり - - 61.48 - -
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり - - 49.25 - -

外傷の専門領域として3名の常勤医師が勤務しており、傷・火傷・軟部腫瘍といった様々な疾病に対応しております。顔面損傷、主に鼻骨の骨折の整復といった損傷の整復や、軟部腫瘍の切除、加齢による眼瞼下垂への処置といったものを短期入院にて対応している他、指切断・腱縫合・瘢痕拘縮等といった手術についても行っております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 14 15.57 12.43 0 77
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍 手術なし - - 15.45 - -
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし - - 8.83 - -
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.60 - -
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし - - 5.25 - -

尿路感染症等の急性疾患を中心に、膀胱癌等の悪性腫瘍や前立腺肥大症といった泌尿器系の疾患について対応しております。
体外衝撃波結石破砕装置による尿管結石の治療についても行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 19 - - 1 7
大腸癌 - - 20 34 - 13 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

消化器外科における進行癌への化学療法、緩和療法が主な当院での癌対応となります。
他、内視鏡検査やマンモグラフィー検査等も可能になっており、土曜・日曜に行う乳がん検診といった取り組みも行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 44 26.43 81.77
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

重症度2の肺炎としては中程度の症状が主となっています。誤嚥性のものを除いた統計となり、高齢者が多数を占めます。
地域の急性期病院として積極的に受け入れを行っている他、地域包括ケア病床の利用・周辺施設との連携も行っております。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

当院は脳神経外科の急性症状に関しては、地域の急性期病院と連携を図っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)・経皮的内視鏡下胃瘻造設術 10 30.6 97.8 50 84.2
K0811 人工骨頭挿入術(股) - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径 2㎝未満) - - - - -
K0152 皮弁作成術,移動術,切断術,遷延皮弁術(25c㎡~ 100c㎡未満) - - - - -

食事・水分の経口摂取不能な患者様に対する胃瘻の造設術が主となっています。
周辺施設からの受け入れ・医療相談員の介入による転院・施設入所についても積極的に対応しております。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・大腸ポリープ・大腸粘膜切除術(長径 2㎝未満) 86 0.37 1.12 0 68.77
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 21 1.33 4.1 0 68.05
K654 内視鏡的消化管止血術 10 0.5 14.6 0 69.6
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 10 0.1 5.1 0 45.9
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) - - - - -

内視鏡によるポリープの切除を筆頭に、ヘルニア・消化管出血・虫垂炎といった急性症状、並びに消化器の悪性腫瘍についても対応可能となっております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 114 4.91 24.63 31.58 79.61
K0811 人工骨頭挿入術(股) 56 5.95 29.71 42.86 84.7
K0462 骨折観血的手術(下腿)(手舟状骨)(前腕) 44 2.68 12.64 0 50.27
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)(指(手,足))(手)(足,その他)(膝蓋骨) 31 1.65 4.97 0 45.1
K0732 関節内骨折観血的手術(手)(足) 29 1.28 4.24 0 54.55

高齢者に多くみられる大腿骨骨折や四肢等の骨折が大半を占めております。
加療後は必要に応じ、医療相談員の介入によるリハビリ病院やその他施設への転院対応も行っております。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 17 1.53 1.12 0 25.59
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 13 1.46 5.23 0 68.08
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)(肩)(上腕) 11 0.82 1.64 0 57.82
K0022 デブリードマン( 100c㎡以上3000c㎡未満) 10 0.9 44.8 50 70.3
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -

当院の形成外科では3名の常勤医師が勤務しており、鼻骨骨折の整復・軟部腫瘍の切除などの外傷整復手術の他、指切断・腱縫合・瘢痕拘縮等についても対応可能な体制となっております。また、下肢静脈瘤についても積極的に治療を行っております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.64
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

悪性腫瘍に対する化学療法中の患者様や、免疫力が低下している高齢者の場合に合併症が稀に発症しています。
発症が認められた場合には、迅速かつ適切な治療を行っております。

更新履歴
2017/09/28
平成28年度 病院指標を公開しました。